お知らせ

       校長あいさつ

 

 

 

 本校は、聴覚に障がいのある幼児児童生徒を対象に、幼稚部、小学部、中学部、高等部(普通科・理容科)があり、今年度は、幼児児童生徒21名が在籍しています。在籍数は少ないのですが、個々の状態や発達の段階に応じた指導を行うとともに、校外での学習や交流及び共同学習などを計画的に組み入れ、幼児児童生徒の将来の生きがいにつながるよう教育活動を行っています。授業では、聴覚障がいに配慮した学習はもちろん、少人数の強みを生かした個に応じた学習を行うとともに、各部の児童や生徒全員が集まっての活動、児童会や生徒会の活動など、異年齢集団の活動の場を工夫し、子供たちの対人関係や社会性の向上にも努めています。
 本校は、明治40年(1907年)、当時、余土村村長であり、自らも視覚障がい者であった森恒太郎(盲天外)氏が、盲唖教育の必要性を痛感し、提唱されて、私立愛媛盲唖学校を設立したところから始まります。昭和4年に県立への移管、昭和23年には、盲・聾の分離がなされ、愛媛県立聾学校として愛媛の聾教育を一手に担い、昭和27年南予に宇和聾学校が設立されたことにより、愛媛県立松山聾学校としての歴史が始まりました。
 今年度113年を迎える本校は、これまでの歴史と伝統を大切にしながら、社会の変化に
対応して、一人一人のニーズに応える教育を実践して参ります。そして、校訓である「強く、正しく、明るく」生き抜く力を養うために、また、地域のセンター的役割を果たすために、教職員が一丸となって取り組んでおります。
 これからも、保護者、同窓会、地域や関係団体の皆様のお力添えを受けながら、聴覚障がい教育の可能性を追求してまいりますので、皆様の御支援、御指導をお願い申し上げます。

 

愛媛県立松山聾学校長 小田原 寛

 

校長だより

校長だより№2 小学部スポーツクラブ

今日は小学部のスポーツクラブを紹介します。

本校の小学部高学年では、車での送迎による登下校の児童が多いので、体力をつけるために、

放課後、スポーツクラブとして陸上や球技の活動を行っています。

この日は児童が一人。参加者が少なかったので、私も一緒に軽く運動しました。

走る前には、大きな声を出して元気に活動できました。

走りながら膝を上げたり腕をまわしたり。児童が器用にこなす動きを、

私はなかなかできませんでした。

これからも、できるだけ参加したいと思います。

 

 

 

 

本校の職員朝礼

いつもホームページを御覧いただきありがとうございます。

今日は、本校独特の職員朝礼を紹介します。

下の写真のように、朝の連絡事項は、スクリーンに文字を映して、教員が、みんなが見やすいように台の上に立って手話で表現しながら伝達をします。聴覚障がいの職員もいるので、情報保障としてこのように行っているのです。簡潔でわかりやすい伝達が行われます。

そして、毎日、職員朝礼の後3分程度の短時間の研修を行っています。この日は手話レッスン。担当者が交代で単語を三つ手話を教えてくれます。最後にみんなで手話のおさらいをして、和やかに朝礼が終わり、先生方は子どもたちのもとに向かいます。みんなが手話を覚えて、伝え合おう、分かり合おうという雰囲気があり、聾学校の良さだと思います。