ブログ

聾学校日記

生徒会役員選挙



中学・高等部合同の生徒会役員選挙が行われました。立候補者の表明演説や応援演説者の言葉に生徒全員が真剣な眼差しを向けていました。投票時には、松山市選挙管理委員会から本物の記載台や投票箱もお借りし、緊張感を持ちながら選挙に参加しました。来年の会長は誰になったのでしょう・・・。開票結果は月曜日に発表されるそうです。

ALT来校(2回目)


昨日は、北条高校のALTであるロック先生に今年度2回目の訪問指導をしていただきました。各部毎に、動物や食べ物、部屋や生活の中にあるものの言葉を確認したり、ロック先生の出身地のお話を聞きました。オーストラリアでは日本と季節が逆になるため夏にクリスマスがあることを聞き驚きの表情でした。また、ゲームや会話を通して外国の方とのコミュニケーションにも熱心に取り組み、ALTとの有意義な時間を過ごせました。

マラソン大会(小学部)



本日、小学部のマラソン大会を実施しました。児童は大会に向け、11月から休み時間や体育の授業を通して、長距離走に取り組んできました。
大会当日は積み重ねてきた力を発揮し、最後まで走り抜きました。たくさんの人が応援に駆けつけてくれたおかげで、多くの児童が自己ベストを更新することができ、良い顔でゴールしていました

2学期末考査


今週に入り、高等部の生徒は月曜日から、中学部の生徒は昨日から第2学期末考査が実施されています。今年の2学期は、文化祭、現場実習・職場体験、手話パフォーマンス、高文祭等々、例年になく大きなイベントが目白押しでした。そんな中でもしっかり学習に取り組んできた生徒の皆さんは、いつにも増して真剣な表情で考査に取り組んでいました。

キャリアガイド教室


中学・高等部の生徒を対象に、キャリアガイド教室が開かれました。講師には、本校に4年間在籍した後、地元の小学校へ転学し、現在は四国中央市生活福祉課にご勤務される松岡達也氏をお迎えし、社会に出るまでに身に付けておくべき力についてご講演をいただきました。職場で苦労したことや改善したことなどを基に、「自分に適した職業を選択する。」、「聞こえない事を周囲に知らせ、自分が仕事をしやすい環境を作る。」等のアドバイスを、生徒たちは真剣な表情で聞いていました。

多読者・読書感想文表彰


今朝の全校朝礼では、1学期の始業式以降、10/27の読書の日を含む11/9までに30冊以上の本を読破した幼児児童生徒を表彰しました。196冊と、最も多くの本を読んだ小学部の児童は「3学期末まで、もっともっとたくさんの本を読みたいです。」と感想を述べていました。

Z-1グランプリ


本校の小学部廊下50mを雑巾掛けするレース「Z-1グランプリ」を、潮見小学校の友達や幼稚部の友達、教育実習に来ていた愛媛大学生たちと一緒に行いました。ゴールに向かってひたむきに進む姿やがんばる友達を応援する姿などが見られ、大いにもり上がりました。それぞれ、日頃の掃除の成果を出せたでしょうか。これからも掃除に励んで、心と床を磨いて欲しいと思います。

寄宿舎フェスティバルの準備


寄宿舎では12月13日(金)に行う寄宿舎フェスティバルに向けて、準備を進めています。今日は、先日完成したポスターを本館1階の廊下と食堂前に掲示しました。たくさんの人に見に来ていただけるよう練習も頑張っています。お時間のある方は、ぜひ見に来てくださいね!

第2回学校公開・講演会・特別支援教育研修会



先週土曜日の参観日(11/16)に今年度第2回目の学校公開を開催しました。2限目に中学部・高等部生徒対象の愛媛大学バリアフリー推進室の太田さんによる講演会を開催しました。「私たちの先達者からのアドバイス」というテーマで、「聴導犬」「アメリカ留学体験談・アメリカ手話(ASL)」「社会に出た後の情報保障について」「聴覚障がいの先達者からのアドバイス」についてお話をしていただきました。特に留学体験やアメリカ手話について、生徒たちは興味深く聞いていました。社会で活躍するためには『自分ができることとできないことを知ることが大切である。』という貴重なアドバイスをいただきました。午後からは、太田さんを講師として教職員や保護者、地域の学校の先生方対象の研修会を開催しました。生徒たちと同じように参加されたみなさんも多くのことを学ぶことができました。太田さん、ありがとうございました。