沿  革

明治40年 温泉郡余土村村長、森恒太郎(盲天外)等が盲唖学校設立を主唱、 松山市二番町に私立愛媛盲唖学校を創立(盲生6名 聾唖生13名)
昭和  4年 県立に移管し、愛媛県立盲唖学校と改称
昭和23年 義務制実施により盲・聾分離し、愛媛県立聾学校として発足 小学部・中学部・高等部設置
昭和27年  愛媛県立宇和聾学校設置に伴い愛媛県立松山聾学校と改称
昭和39年  幼稚部(1年保育・2年保育)設置
昭和45年  愛媛県高等学校総合体育大会 男子ソフトボールで優勝。 全国高校ソフトボール大会に県代表として出場、初戦突破
昭和47年  松山市本町から松山市馬木町(現在の地)に新築移転
昭和48年  幼稚部(3年保育)設置
平成  9年  創立90周年記念式を挙行
平成11年  第33回全日本聾教育研究大会(愛媛大会)開催
平成13年 第38回全国聾学校陸上競技大会を主管校として開催
平成19年 創立100周年記念式を挙行
平成22年 第37回中国・四国地区聾教育研究大会を開催
平成29年 創立110周年記念式を挙行