ブログ

聾学校日記

始業式・入学式

本校に新しく赴任された13名の先生方を迎え、いよいよ今日から新学期が始まりました。また、始業式の後には、入学式が行われ、幼稚部1名、小学部2名、中学部4名、高等部3名が入学し、全校幼児児童生徒22名となりました。校長先生が式辞の中で述べられた「挑戦する」気持ちや健康に気を付けて毎日を過ごすなどを大切にして、令和2年度松山聾学校スタートです。

  

県内初!家庭科「4冠王」

(許可番号d20200317-01)
本校を卒業した吉岡さんの家庭科「4冠王」の記事が
3月14日の愛媛新聞に掲載されました。吉岡さんは本校の「3冠王」の先輩に憧れて、「4冠王」を目指したそうです。後輩の皆さんも吉岡さんを目標に頑張ってくれることでしょう。期待しています!

スロープ完成


当コーナーで紹介した北教棟東側入り口のスロープが完成いたしました。午前中の確認検査の後、早速本校の先生に試走していただきました。従来、設置されているのスロープに比べ、斜度も緩やかで大変通りやすいとのことでした。幼児児童生徒の皆さんにも通って欲しかったのですが、今しばらく我慢して、新学期に通れることを楽しみにしていてくださいね。

新学期に向けて


新型肺炎の影響で、3月2日から臨時休業となっている本校ですが、幼児児童生徒の皆さんの登校がなくても先生方が新年度に向けて校内のあちらこちらの整備を行っています。今日は中学部が食堂を、幼稚部は校庭の除草作業を行っていました。1日も早く臨時休業が解除され、皆さんと一緒に過ごせるようになると良いですね。

高等部卒業式


令和になって初めての卒業式が、桃の節句の今日、行われました。例年であれば、小学部以上の在校児童生徒や教職員も出席する中での式ですが、今年は卒業生とその保護者、高等部の教員のみの参加となり、在校生代表の送辞もビデオ映像としました。3人の卒業生は、小学部2年から同じ場所で11年間という時間を互いに認め合い、助け合いながら過ごしてきましたが、明日からはそれぞれの道を歩んでいくことになります。
   3人のこれからの人生に幸多きことを願っています。
         卒業おめでとう!


お別れ会


寄宿舎では、2月25日(火)に『記念句会』、26日(水)に『卒業生を送る会』を開きました。
卒業生が希望した『記念句会』では教頭先生や舎監の先生も参加してくださり、なんと1時間で合計20句以上が出来上がりました!6年前は口を揃えて「俳句は苦手・・・。」と言っていた皆さんでしたが、今ではすっかりお手の物です。『卒業生を送る会』では校長先生をはじめ、寄宿舎に関わりのある先生方から、長い寄宿舎生活を振り返る質問やこれからのことに向けた激励の言葉をいただきました。「充実した大学生活を送ってくださいね!!」

ALT来校(3学期)


今日は、北条高校のALT ロック先生が今年度3回目に訪問する日でした。友達のクリス先生と一緒に来校し、授業が行われました。小学生は“Memory Card"でめくったカードを英語で言いながらカードマッチング対決をしたり、“Dog" "Cat"や “High & Low"のような反対語を言いながら、ハンカチ落としのようなゲームで盛り上がりました。中学生は“ What's a thing which ~ ?"を使ってクイズを考えたりALTのジェスチャーから職業を言い当てことに挑戦しました。高校生はビデオ視聴後、会話の内容チェックや聞き取りに熱心に取り組んでいました。生徒たちはロック先生やクリス先生とのコミュニケーションを楽しく行い、生き生きと英語学習に取り組めたように思います。昼休みは幼稚部や小学部の子どもたちがALTと楽しく遊びました。