ブログ

聾学校日記

【幼稚部・小学部】マラソン大会を行いました。

 幼稚部・小学部で合同のマラソン大会を行いました。

 先日から気温がぐっと下がり、寒空の下での開催となりましたが、走る子どもたちにとっては、絶好のマラソン日和となりました。

 子どもたちは、11月の間、休み時間や体育の時間を使って、毎日練習してきました。

 今日は、自分のベストタイムを更新することを目標に、一生懸命走りました。

 保護者の方々や先生の応援を糧にして、多くの子どもたちが自己ベストを出しました。

【中学部】校内実習

 中学部B組では、11月11日から18日までの5日間、校内実習を行いました。

 5日間にも渡る就業体験は初めての経験でした。

 便箋作り、アメニティの袋詰め、タオル折りの仕事に取り組みました。

 見本通り正確にすること、ノルマと時間を考えながら行うこと等、多くのことを身をもって体験しました。

 今後の進路選択の糧になればと思います。

【小学部】しいたけの収穫

 昨年度、種菌を打ち込んだしいたけが、今年も立派に育ちました。

 子どもたちは、ほだ木からニョキッと生えているしいたけを見付けては、歓声を上げながら、慎重にもぎ取って収穫しました。

 「どうやって食べる?」

 という問いかけに、

 「なべ!」「すきやき!」

 などの返事が返ってきました。

 しいたけ好きの子も、ちょっぴり苦手な子も、おいしく食べてくれるといいなと思います。

【中学部・紙工班】シトラスリボンを県立中央病院に届けました!

 11月末に、シトラスリボン飾りと感謝の手紙を、新型コロナウイルス感染拡大予防の医療活動に取り組んでいただいている愛媛県立中央病院にお届けし、受け取っていただきました。

 松山聾学校の中学部紙工班では、シトラスリボン運動に賛同し、リボン作りに取り組みました。

 医療従事者の方々に感謝の気持ちを込めて、6月から週2時間の作業学習の時間に2・3年生が100個を作り上げました。

 他のリボンはストラップを付けて校内外に配り、この運動の啓発に協力しようと生徒と話し合っています。