ブログ

聾学校日記

愛媛県高等学校総合文化祭


松山聾学校・済美高校LINKの合同チームで愛媛県高等学校総合文化祭合唱部門に参加しました。HANDSIGNの「声手」を手話パフォーマンスで披露し、観客の皆さんの手拍子とともに会場一体となるステージを作ることができました。今回は惜しくも特別賞を逃しましたが、仲間とともにステージを作り上げる貴重な経験ができました。保護者の方々をはじめ、応援に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

消防設備の点検


災害時に、緊急放送や消火器・消火栓を含めた設備、避難経路を示す非常灯等を点検していただきました。火災報知器は全ての部屋に設置されているため、休み時間や授業時間に使用していない教室等を順番に検査されていました。毎日生活している場所ですが、どんな施設・設備がどこにあるのか、きちんと知っておくことが大切ですね。

交流遊び2


1学期から和気小学校の子どもたちと遊びを通して交流を深めてきました。今日は最後の交流遊びだったので、子どもたちの希望を聞き、ケイドロ、ドッヂビー、氷オニの3つの遊びをしました。お互いに助け合い、譲り合い、競い合う場面が多く、生き生きとした表情で遊んでいました。最後集まったときには「来年も来たい!」と言う声も多く、来年の活動も楽しみです。

防災教育2(地震避難訓練)




授業の最中に突然、緊急地震速報(訓練)が放送されました。幼児児童生徒たちは先生方の指示を聞き、素早く机の下に潜ったり、建物から離れ、グラウンドの中央で保身行動をとることができました。避難途中で負傷者が出ることも想定し、リヤカーや
車椅子等も活用してみました。避難後には、松山市から支給された発電機等の防災備蓄品を紹介し、家庭でもできる防災について
講評がなされました。

小学部修学旅行(二日目)



修学旅行二日目は、朝早くホテルを出発し、宮島へ渡りました。古に思いを馳せながら厳島神社の回廊を歩き、本殿に参拝しました。あいにく大鳥居は改修中でしたが、それもレアな体験です。その後、宮島水族館でアシカライブを楽しみ、様々な海の生き物を興味深く見て回りました。午後は、もみじ饅頭の手焼き体験に挑戦! 正確に秒数を計りながら鉄板を返したり、手際よく生地を流し込んだりと、なかなかの腕前です。自分だけの『オリジナルもみじ饅頭』の出来栄えに大満足でした。二日間、貴重な体験をし、思い出に残る修学旅行になりました。関係の皆様、ありがとうございました。