日々の活動(聾学校日記)

【自立・連携課・高等部】手話スピーチコンテストの結果について

 高等部の永野彩夏さんが出場した「第38回全国高校生の手話スピーチコンテスト」の結果が発表されました。

 惜しくも入賞とはなりませんでしたが、応募者数95名の中から最終審査の10名に残る快挙でした!

 本日から最終審査に残った10名のダイジェストムービーが、大会ホームページに放映されますので、お知らせいたします。

http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2021/09/speech-20210912.html

 

  

【寄宿舎】月見

 9月21日は、8年ぶりに満月となった中秋の名月でした。

 夕食のリクエスト献立では、秋を感じる「さつま芋ご飯」もあり、ボリュームたっぷりでした。

 寄宿舎玄関の掲示の前で、月見の由来を聞き、会話を楽しみました。

 点呼後はみんなで外に出て、雲もなく、きれいに出ている月を眺めました。

 

【幼稚部・小学部】種まき

 みんなで冬野菜を育てます。

 だいこん、かぶ、キャベツの小さな種は、一粒一粒大事につまんでまきました。じゃがいもは、芽を上にして土をかぶせました。

 収穫して、食べるのが楽しみです。

【高等部】選手宣誓

 手話パフォーマンス甲子園本大会まで、残すところ、後10日。

 今年は選手宣誓に選ばれました!

 宣誓文を自分たちで考え、21日に前撮りを行いました。

 当日をお楽しみに!

選手宣誓