ブログ

聾学校日記

塗魂ペインターズのみなさんと


昨日から塗魂ペインターズのみなさんがボランティアで校舎の塗装作業のため来校されています。県内だけでなく四国4県はもちろん、遠方は、はるばる東京、熊本、山口等からも応援に駆けつけてくださり、総勢25名の方が、参加してくださいました。昨日は足場を組み、塗装しない部分のマスキングや廊下が汚れないように養生シート等の下準備を行いました。


今日は幼児児童生徒、保護者・同窓会の方々、先生方と一緒に廊下や階段の塗装を行いました。きれいになった壁を見て「この学校で17年間学んでいますが、学校がきれいになっていく様子を見て、これからも新しい気持ちで様々なことに挑戦してみようと思いました。」と感想を述べる生徒もいました。 塗魂ペインターズのみなさん、本当にありがとうございました。

お泊まり学習

幼稚部は、松山市野外活動センターで1泊2日のお泊まり学習を行いました。みんなでカレーを作って食べたり、夕涼み会をしたりしました。日頃友達と過ごすことのない暗くなった時間に、外でゲームをしたり、肝試しをしたりして楽しく遊びました。友達と入るお風呂も、一緒に寝ることもとても楽しそうでした。

2日目は、朝ご飯を食べた後、芝生広場で自転車に乗ったりサッカーをしたりしました。虫を捕ったり木の実を拾ったり、山の自然も味わえました。「もうすぐお母さんが来るよ。」と友達とお話しているところにお母さんが来て、子どもたちは最高の笑顔になりました。友達や先生と夜を過ごし、楽しい思い出ができました。

シャープ特選工業株式会社出前授業

毎年来校していただいている、シャープ特選工業株式会社の出前授業が行われました。商品を作る製造業において、「作る」ということだけでなく、『素早く、丁寧に、どの商品も同じように』作ることが大切であり、そのためにも『コミュニケーション』が重要であると説明してくださいました。グループ毎の活動では、聞いた説明を活かし、相談しながら効率よく作業を進めていました。

T-シャツアート

今年で6回目となる『ふたみT-シャツアートフェスティバル』がふたみシーサイド公園で9/14~16の間、開催されますが、本校でも一足早く北教棟2階の廊下に「T-シャツアート」が完成しました。生徒や先生方の協力を得て40枚弱のT-シャツアート(紙製)が展示されています。また、T-シャツアートだけでなく作成者の夢も一緒に展示されていますので、是非一度お越しください。

ボランティア活動の取組

全国理容連合会では、9月の第2月曜日を「理容ボランティアの日」と制定しています。本校でも理容師資格を目指す理容科の3年生が、今まで習得した技術をボランティア活動に活かすことを目的に、学校近くの障がい者通所支援施設「ポッポ苑」に出向き、利用者の散髪を行ないました。折からの台風のためか、現地まで30分ほど歩いただけで汗だくになってしまいました。当初は学校とは違った雰囲気に戸惑っていましたが、そのうち日頃のペースで行なえるようになり、2時間かけて4名の利用者の散髪をさせていただきました。利用者とのコミュニケーションをはかる良い機会となりました。

高等部体験入学


高等部体験入学で、職業(農業)の授業参加をしました。高等部の畑で作ったかぼちゃやしその食品加工を体験しました。切ったかぼちゃのラップ掛けをポリパッカーを使って行いました。表面がきれいになるようにラップを掛けるのは難しかったですが、先輩に教えてもらいながらしました。かぼちゃの重さを確認して値段付や、しその収穫と袋詰めも行いました。柔らかいしそを選ぶのに苦労していました。きれいに見えるように、向きを考えながら袋詰めしました。「初めての体験で、難しいことも、できることもあり、いい経験になりました。」先輩たちのいろいろな技を見せてもらいました。

合同練習


2学期が始まり、いよいよ手話パフォーマンス甲子園まで3週間ほどになりました。本校は、済美高校との合同チームで出場するため、どちらかが相手校に出向いての練習になります。今週は一昨日から3日間続けて済美高校の皆さんが来校してくださいました。限られた時間の中で、今以上の物を作り上げるために、一所懸命取り組んでいました。

花火大会



2学期初日、寄宿舎では消防署の方の指導の下、水消火器の訓練を行いました。子どもたちは実際に消火器に触れたり、寄宿舎内にある消火器の場所の確認をしたりして、防災意識の向上につながったようです。訓練後は12月に行われる寄宿舎フェスティバルの初練習。今年度は寄宿舎生と指導員が合同で劇を行います。演出担当の子どもの熱い思いに触れながら、全員で台詞合わせをしました。これから練習を重ねていきます。夕食後は待ちに待った花火の時間です。みんなで花火をして再会の日の夜を楽しみました。

 

第2学期始業式


約40日の夏休みが終わり、今日から2学期が始まります。ここ数年、年々暑さが厳しくなっていることを証明するように、日焼けした笑顔の幼児児童生徒たちが元気に登校してきました。校長先生からは「アドバイスを生かしながら、自分が思っていることを実行に移してほしい。」と講話をいただきました。始業式の後には四国地区聾学校体育大会の報告会が行われ、参加種目について結果を報告するとともに、応援していただいたことに感謝の気持ちを述べました。

受入準備


寄宿舎では新学期も気持ち良くスタートできるよう準備を進めています。いよいよ来週から2学期です。みんなに会えることを楽しみにしています。

ネットワーク会議


地域の小・中学校難聴特別支援学級の先生方、県立高等学校の支援員の方、県立特別支援学校の先生、県視聴覚福祉センターの言語聴覚士の方々の御出席をいただきネットワーク会議を開催いたしました。聴覚障がいのある本校教員の講話や学習及びコミュニケーション支援アプリの演習等を行った後、参会者で協議及び情報交換を行いました。短い時間ではございましたが、本校及び聴覚障がい教育推進のための貴重な学びや関係構築の場となりました。ありがとうございました。

松山聾学校公開講座


昨日、松山聾学校公開講座を開催しました。今年度は、「聴覚障がい理解啓発授業方法」・「各教科等における配慮事項」・「進路指導の実際とキャリア教育」・「情報保障」・「聴覚障がい教職員の体験談」の5講座を設けました。県内の小・中学校、高等学校、特別支援学校等の先生方、本校教職員、約70名が参加しました。2学期からの授業や指導の充実を願っています。

手話パフォーマンス甲子園予選突破


8/2(金)に鳥取県庁で行われた第6回 手話パフォーマンス甲子園予選審査において、本校と済美高校との合同チームが地方ブロック第2位、総合順位でも第8位という成績で見事予選を突破いたしました。本戦は、9/29(日)鳥取市とりぎん文化会館にて行われます。夏休み中で短い準備期間ではありますが、精一杯練習して本番を迎えたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

サマースクール2


本校小学部児童と地域で学ぶ難聴のある小学生、その兄弟のみなさんたち、合計19名で活動しました。5つのチームに分かれて自己紹介やカードゲームをしたり、チーム対抗「しんぶんつなぎ」をしたりしました。みんな笑顔いっぱい仲良く会話を楽しみながら楽しい時間を過ごすことができました。みなさん、また来年もサマースクールに来てくださいね。

サマースクール1


幼稚部のサマースクールでは水遊びをしました。とっても暑かったので、子供たちはプールに入ったり、霧吹きのミストシャワーを浴びたりして気持ち良さそうにしていました。プールや滑り台、水鉄砲、シャボン玉、せっけん遊びの後は、楽しみにしていたスイカ割り。目隠しをした友達を「もっと右!」「そこ!」とみんなで応援しました。最後はかき氷。いっぱい遊んで熱くなった体を冷やしたり、色が着いた舌を見せ合ったりと笑顔あふれるサマースクールになりました。

校庭の遊具

Before
After
梅雨明けの発表があった今日、職員総出で校庭にある遊具と幼稚部校舎外壁の手入れを行いました。遊具はサンドペーパーで磨いた後、ペンキのお化粧をしてもらいカラフルな姿になりました。幼稚部校舎もくすんでいた外壁が建設当時のような輝きを取り戻しました。蒸し暑い中、先生方お疲れ様でした。幼児児童生徒の皆さん、2学期を楽しみにしていてください。

四聾体

7月20・21の2日間、本校が主管校となり四国地区聾学校体育大会を愛媛県総合運動公園で行いました。台風の影響による天気を心配していましたが、天候に恵まれ、2日間とも大会を開催することができました。
1日目
総合開会式での本校の生徒による立派な選手宣誓が行われた後、ニンジニアスタジアムで陸上競技を開催しました。本校からは4名の選手が出場し、練習の成果を発揮することができました。
2日目
補助体育館で卓球競技を開催し、本校からは2名の選手が出場しました。初めて対戦する相手に堂々と勝負することができました。
生徒が制作した「ようこそ、松山へ」の旗で46名の選手を出迎え、本校の選手と高校生記者、教職員で4校の選手たちを笑顔で見送り、大会を無事終了することができました。応援していただいた皆様、会場に足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

第1学期終業式


第1学期の終業式が行われました。式の中で、校長先生より「生徒会テーマ『栄友 ―We are the one―』のもと『挑戦』に意欲的な姿をたくさん見ることができました。」「夏休みには経験できることは積極的に経験し、日々の記録はぜひ残してください。」と講話がありました。有意義な夏休みとなりますように。また9月に笑顔で会いましょう。

中央高校との交流


松山中央高校家庭クラブの皆さんとの交流を行いました。伝言ゲームでは、ジェスチャーやイラストを使いながらお題が最後まで伝わって歓声が上がったり、全く違う内容になって笑いがこぼれたりと大盛り上がりでした。また、歓談では、中央高校の授業や補習の様子を聞いたり、教科書やノートを実際に見せていただいたりと、普段知ることのできない学校生活の様子を教えてもらいました。生徒教員一同とても充実した時間を過ごすことができました。

自治会2


寄宿舎で今学期最後の自治会があり、個人目標の反省や今後の行事などについて話し合いました。反省に対する具体的な改善策を発表したり、それぞれが担当することを手際よく行ったりしてスムーズに会が進行しました。また、あと数日で夏休みということで、長期休業中の過ごし方や舎監の先生から「充実」についての話がありました。実体験を交えた話は寄宿舎生たちも興味津々に聞いていました。より有意義な夏休みを過ごせますように。

生徒会イベント1

中学部・高等部合同で、生徒会イベントが行われました。今回も、生徒会役員が企画・運営を行いました。内容は、置かれたボールをホッケースティックで打ち、止まった地点に応じた得点を競うものでした。最初はどの生徒も力加減が分からず得点は望めない様子でしたが、回を追う毎に上達し、高得点が出る度に歓声が起こる、大変盛り上がった生徒会イベントとなりました。

銀行の仕事


小学部で、2、3時間目にキャリアガイド教室を行いました。伊予銀行広報CSR室の方を講師にお迎えして、銀行の仕事についてお話していただいたり、預金や貸出、金利について勉強できる「バンク&ビルディングゲーム」というゲームを全員で体験したりしました。児童たちは、グループごとに金利を確認しながら、預金や貸出のタイミングを話し合いました。勝ち負けや答えがないゲームでしたので、自分以外のいろいろな人の価値観に触れることができました。

集団宿泊研修2


宿泊学習も最終日。今日は和綴じノートを作りました。アジサイのように色とりどりの手漉きの大洲和紙や紐を選んで、表紙やしおりにします。慣れない作業に戸惑いながらも、クラフトの先生に質問、確認をしながら作っていきました。丁寧に、慎重に作業を進め、それぞれの個性とセンスが光る、和綴じノートが完成しました。

俳句学習


夏井いつきさんとも俳句の会でつながりのある、寄宿舎の先生を講師として、俳句の学習会がありました。最近見かけた生き物や、探せばいそうな生き物を考え、その生き物について連想する言葉をどんどん出していきました。その言葉を17音のリズムに当てはめると、あら不思議。素敵な俳句になりました。廊下に掲示すると、まるで俳句甲子園のようです。

『カモメール葉書』贈呈


松山中央ライオンズクラブと松山中央郵便局から、今年も恒例の『ありがとう葉書』の贈呈がありました。児童生徒を代表して暑中見舞い用のカモメール葉書に併せて鉛筆をいただいた生徒会役員が「最近は、スマホ等の普及で手書きの機会が減っているので、葉書は手書きの良い機会になるため大事に使わせていただきます。ありがとうございました。」と謝辞を述べました。

集団宿泊研修


中学部は、今日明日と大洲で集団宿泊学習を行っています。初日の夕飯は焼き肉!1日中動いて疲れた身体にはきっと美味しいはず!でも美味しいお肉を食べるためには強力な火力が必要です!カセットコンロもIH調理器も無い屋外で美味しい焼き肉を食べるためには・・・。そんな時、目に入った物が・・・『炭!!』なかなか着火しない炭を相手に悪戦苦闘している生徒たちは、職員の方から「火をつけるには『種火』『薪』『風』そして、『チームワーク』が必要」と教えていただきました。夕食のためにみんなで協力して火をおこしました。

開架図書

6月も半ばに、ようやく四国地方も梅雨入りしましたが、本格的な雨にはなかなか恵まれない毎日が続いていますね。晴れた日は屋外で思いっきり走ることができますが、雨の日はそうもいきません。そこで、子供たちに、雨の日でも退屈しないよう過ごしてもらおうと、先生たちがこの時期に読んでもらいたい本を選び、生徒用玄関の近くに棚を設置しました。小学生から高校生まで楽しめるよう、絵本有り、小説有りです。雨の日には、本の世界に浸ってみませんか?

HAPPY通信


寄宿舎で発行しているHAPPY通信と寄宿舎だよりが完成しました。HAPPY通信は自治会の内容(ルールを守る)、先生方へのインタビュー、舎生各自が好きなテーマについて記事を掲載しています。学校の正面玄関前と寄宿舎の各寮棟に掲示していますので、是非ご覧ください。

階段昇降機


車椅子利用者のための階段昇降機が導入され、操作を担当する教員が実技講習を受けました。昇降台下のキャタピラが階段の角をつかみ、ゆっくりと上がったり下がったりすることができます。試乗された先生からは「全く不安要素がなく、フロアの移動が可能になったので、便利になる」と感想をいただきました。

七夕まつり


幼稚部で、七夕の行事を行いました。自分たちで作った飾りや短冊を笹に付けてから始めました。お母さんたちと歌を歌ったり、七夕のお話を聞いて「昨日、織り姫と彦星は会えたかな?」と話し合ったり、織り姫と彦星になってボウリングゲームをしたりして、楽しく過ごしました。短冊に書いた願い事の発表もしました。みんな大きな声で、はっきりと発表できました。みんなの願いが、お星様に届くといいですね。

救命救急法講習会


中学部・高等部の生徒を対象に、救命救急法講習会が行われました。隊員の方から、『圧迫止血法』について説明を受けた後、ビニール袋や三角巾を用いた止血方法を体験しました。残念ながら講習の途中で救急出動となってしまい、最後まで講習はできませんでしたが、いつ出動要請があっても対応できる体制を目の当たりにすることができました。消防隊員のみなさんありがとうございました。

防災教育Ⅲ

寄宿舎では、7/3(水)の夕方、震度3程度の揺れを想定した地震の防災訓練を実施しました。今回は、窓やドアを開けて退路を確保する訓練であることを事前に伝えていましたが、実際にはいつも通りその場で身を守るだけになっていたので、今後も状況を判断して行動できるように訓練を実施していきます。

七夕

寄宿舎では、お楽しみ会で使用する花火を買いに出掛けました。会計時には商品の確認不足のためにお金が足りず、あたふたする場面も。残念ながら、この日は予算に見合う商品がなく買えませんでしたが、久しぶりの外出になりました。そして、買い物から戻ると、一足早い七夕メニューの夕食が待っていました。栄養士の先生が考えてくださった中から、みんなで選んで決めたメニュー!それぞれの願いが、天の川まで届きますように。

ALTとの授業


昨日、北条高校のALTロック先生が3回目の来校となり、小・中・高それぞれで授業が行われました。小学部では外国語活動が始まり、自己紹介の後、「Do you like ~?」 を使ってロック先生や子ども同士でやり取りし、積極的に言語活動に取り組みました。中学部では、新出表現を学び、その指示に合った行動をしたり、また、それぞれが考えた質問をALTに投げかけ、返答を楽しみに聞いていました。高等部は、今日の話題の英単語について、ALTが別の言葉で言い表し、内容理解を促す授業に生徒は熱心に取り組んでいました。どの学部も、ALTとの有意義な時間を生き生きと過ごしたように思います。

ベルマークからの贈り物


本校では、毎月始めに幼児児童生徒の家庭や先生方にベルマーク回収袋を配付し、ベルマークの回収を依頼しています。お菓子や調味料の外袋や使用済みインクカートリッジ等から得られた、たくさんのベルマークは保護者の方々の御協力の元、ベルマーク教育助成財団に送られます。今日は、そのベルマーク教育助成財団から、短焦点プロジェクターがプレゼントされました。行事や授業等において大事に利用させていただきます。ベルマーク教育助成財団の皆さん、ありがとうございました。

 

磯遊び


心配していた雨も上がり、磯遊びに行ってきました。今年は大漁祭り!お母さんと一緒に何匹も魚を釣り上げたり、砂浜でお土産の貝を拾ったりしました。お弁当の後は、磯でヤドカリやカニを見つけ、バケツにいっぱいつかまえました。最後は「元気でね。」と海に返しました。いろいろな生き物に触れることができ、思い出に残る一日になりました。

指導員の手話学習会


寄宿舎では、毎週金曜日に指導員の手話学習会を行っています。今回は雑音が流れるイヤホンを装用し、難聴体験をしました。単語や会話の聞き取りでは、口の動きだけで正確に読み取ることは難しく、また、一対一なら聞き取れる内容も複数の人が同時に話すと聞き取りにくかったです。改めて読話の難しさ、補聴器を装用することの大変さ、手話の必要性を実感した学習会となりました。今後も専門性を高める場、楽しく手話を学べる場にしたいと思っています。

求職受理相談


卒業後の就労先についての希望をお伝えするために、高等部3年生が保護者と共に、ハローワーク職員の方との面談を行いました。面接担当官は生徒や保護者の要望を丁寧に聞いてくださり、今後、企業や事業所から求人が来た場合には、条件に応じて紹介していただけるということでした。

愛大生来校


愛媛大学教育学部 特別支援教育教員養成課程の学生の皆さんが「新入生セミナー」として、本校を参観に来られました。最初は、昼休み直後だったため、教室や廊下に児童生徒の姿も少なかったのですが、校庭や体育館から戻ってくると「こんにちは!ようこそ、松山聾学校へ!!」と元気な声で挨拶をしていました。数年後には、今日出会った児童生徒の担任になっているかもしれませんね。

第1学期末考査


高等部の生徒は一昨日から、中学部の生徒は昨日から第1学期末考査を受検しています。問題と解答用紙が配られると、どの生徒も真剣な表情で問題に取り組んでいました。試験終了後には、「昨日勉強した所が出題されて良かった~!」と喜ぶ生徒がいる一方で、「だめだったぁ・・・」と肩を落としている生徒もいました。最終日の明日まで、持てる力を精一杯発揮してもらいたいですね。

防災バンダナ


生徒用西玄関の前に移動式掲示板が設置され、アンケート調査が行われています。生徒会が発案した防災バンダナのデザインについて、調査が行われているようです。今週末(6/28)が締切のようなので、児童生徒だけでなく御来校の皆様も、是非御覧いただきお好みのものを選んでみてください。

地域合同防災訓練

参観日最後の授業となる6限目に「緊急地震速報(訓練)」が放送されました。児童生徒はもちろん、来校している保護者や地域の方々、手話パフォーマンスの練習に来ていた済美高校の生徒さんたちも運動場へ避難を行いました。負傷者に対しても応急処置が施され、迅速かつ安全・確実に避難させるための訓練を行うとともに、地域の方々にも防災対策について理解していただくことができました。その後、和気地区自主防災組織連合会会長さんの講演を全員で聞き、万が一の時には、学校と地域がお互いに協力しながら減災に努めなければならないことを確認しました。

手話パフォーマンス甲子園に向けてⅡ


参観日だった今日、本校へ済美高校の皆さんに来校いただき、手話パフォーマンス甲子園に向けた練習を行いました。予選審査のための期日がどんどん迫っており、ダンスや手話表現の練習に熱が入ってきました。

俳句ポスト


寄宿舎では、舎生と指導員が昨年度から取り組んでいる「俳句作り」の輪をもっと広げる方法を考えていました。その結果、たくさんの意見の中から『「松聾俳句ポスト」を設置し、多数の方々からの投句をいただこう』ということに決まりました。みんなで考えた俳句ポストを、学校と寄宿舎に1つずつ設置しました!!児童・生徒や保護者の皆さん、先生方等、どなたでも俳句を詠んで入れていただければと思います。定期的な表彰や、テレビや新聞に出るような有名な方に指導していただくことも検討していますので、奮って御参加ください。

 

幼児体験学習


幼児体験学習を行いました。幼稚部の授業参観の後、体育館に移動し、合同保育「夜店屋さんごっこ」をしました。中学部3年生のお兄さんお姉さんがお店屋さんになってくれて「ストラックアウト」「くじ引き」「お化け屋敷」「ヨーヨー釣り」「金魚すくい」等のゲームをしたり、かき氷やポップコーンを食べたりしました。友達と一緒にダンスを踊ったり、お弁当を食べたりして、とても楽しい一日となりました。

第1回なわとび検定


小学部で第1回なわとび検定が行われました。なわとび検定は、年に3回行われ、3学期には、なわとび大会を実施します。検定が近付くにつれ、休み時間に自主的に練習する姿が見られました。一人一人が目標に向かって練習に取り組み、合格のシールをたくさん貼ることができました。次の縄跳び検定に向けて、これからも頑張りましょう。

交流遊び


6月19日(水)に、和気小学校との一回目の『交流遊び』がありました。放課後、聾学校で和気小の児童と本校の児童が一緒に遊ぶ日です。「和気小学校のお友達・・・来てくれるかな?」わくわくドキドキ・・・。なんと、19名の児童が遊びに来てくれました。約1時間、長縄跳びやボール運びゲーム、柔らかいボールのドッジボールなどで思い切り体を動かして遊びました。次回も楽しみです。

夕食風景


19日の寄宿舎の夕食風景。舎生のみんなは部活などで下校時間がまちまちです。そろって食べることが少ない中、久しぶりに全員で夕食を食べました!趣味やデザートの「すもも」の話題で盛り上がり、楽しい夕食となりました。

交流学習


6月18日(火)に、小学部の児童が和気小学校と交流学習を行いました。学年ごとに分かれ、自己紹介やゲームなどを通して、楽しく交流しました。

1年生…子供たちが大好きな「おちたおちた」ゲームをしたり、「アイアイ」「カタツムリ」などのリトミックをしたりして、楽しく交流しました。
3年生…和気小学校の友達にくだものの手話を伝えた後、大勢で「手話フルーツバスケット」をして盛り上がりました。「みんなが手話を使ってくれて嬉しかった。」と話していました。
4年生…本校児童が本で調べて用意した「お金持ちじゃんけん」が好評でした。じゃんけん列車では、和気小の友達が、「ストップ!じゃんけん!」の合図をホワイトボードに書いて見せる工夫をしてくれ、とても分かりやすかったです。
6年生…最初に、話すときに気を付けてほしいことを伝えたり、手話の紹介をしたりしたところ、和気小の皆さんが手話を積極的に使い、はっきりした口調でゆっくり話してくれました。名刺交換ゲームや仲間集めゲームなどを通して活発にやり取りをしました。