ブログ

聾学校日記

創立記念行事


今朝の全校朝礼では、創立記念行事が行われました。その中で、校長先生から

「1907(明治40)年、余土村村長であり、自らも視覚障がい者であった森恒太郎(盲天外)氏による私立愛媛盲唖学校設立から112年目を迎え、校訓にある『強く 正しく 明るく』のように盲天外の志を受け継ぎ、歴史を重ねて欲しい。」と、講話が行われました。

畑の収穫



今年も高等部の畑に秋の実りがたくさん訪れました。ドングリ・・・?いえいえ銀杏です。実を踏みつぶすと、いいにおいと言えないほどにおいが強烈でかぶれてしまうので、気を付けながら拾います。きれいに洗った銀杏は週末の文化祭で販売されるようですよ。きれいになった畑には、次の収穫に向けてほうれん草の種がまかれました。元気に大きく育ってほしいですね。

神輿入れ


今日は松山市の地方祭です。学校の近所にある佐古岡神社から2基の御神輿が訪れてくれました。「エイサ!エイサ!」の掛け声の下、高く差し上げられた御神輿に生徒や教職員から大きな拍手が送られていました。

教育実習生紹介


今年度は、愛媛大学から2名の教育実習生が23日(水)までの3週間、幼稚部・小学部で各1名ずつが教育実習を行います。昨日は給食時に全校幼児児童生徒に向けて自己紹介を行いました。また、プロフィールが示された掲示板には児童生徒たちが休み時間毎に入れ替わり立ち替わり訪れていました。