ブログ

聾学校日記

介護等体験



文化祭を明日に控えた今日、地元の愛媛大学、松山大学、聖カタリナ大学から4名の大学生の皆さんが介護等体験に来校してくださいました。高等部の部朝礼で自己紹介をした後、文化祭に向けて販売や展示の準備等に協力していただきました。生徒達とはジェスチャーや筆談で互いにコミュニケーションをとりながら意思疎通を図っていました。

リサイタル


高等部の女子生徒が鉄琴を手に職員室を訪れてくれました。観客の先生方に深々と一礼した後、卒業した先輩達が作った『八百馬』のテーマソングを演奏しました。楽譜代わりにタブレット端末の画面を見ながら、リズムよく鉄琴をたたいていました。

文化祭のリハーサル


いよいよ週末に迫った文化祭のリハーサルを昨日行いました。今、ここでは詳しく話せませんが、幼稚部 『かさじぞう』、小学部 『アラジン』、中学部『魂の叫び-そうだ!スピーチコンテストをやろう!-』、高等部 『どんまい!』の後、ダンス部によるダンスや手話歌の発表、理容科のカッティング技術の披露もあるようです。13日(日)には、ご家族の皆様お誘い合わせの上、ぜひ御来校くださいますようお願いいたします。幼児児童生徒たちの演技に御期待ください。

創立記念行事


今朝の全校朝礼では、創立記念行事が行われました。その中で、校長先生から

「1907(明治40)年、余土村村長であり、自らも視覚障がい者であった森恒太郎(盲天外)氏による私立愛媛盲唖学校設立から112年目を迎え、校訓にある『強く 正しく 明るく』のように盲天外の志を受け継ぎ、歴史を重ねて欲しい。」と、講話が行われました。

畑の収穫



今年も高等部の畑に秋の実りがたくさん訪れました。ドングリ・・・?いえいえ銀杏です。実を踏みつぶすと、いいにおいと言えないほどにおいが強烈でかぶれてしまうので、気を付けながら拾います。きれいに洗った銀杏は週末の文化祭で販売されるようですよ。きれいになった畑には、次の収穫に向けてほうれん草の種がまかれました。元気に大きく育ってほしいですね。