新型コロナウイルスに関連する情報・本校の対応など

学校における集団感染の発生に伴う新型コロナウイルス感染症対策の一層の徹底について(お願い)他お知らせします。

NEW「学校における集団感染の発生に伴う新型コロナウイルス感染症対策の一層の徹底について(お願い)」について

NEW「感染警戒期」について(愛媛県資料)

NEW「「新しい生活様式」を踏まえた御家庭での取組」(文部科学省資料)について

5月17日 お知らせ

 松山市内の病院で発生した集団感染の調査のため、松山市内の小・中学校の分散登校休止が5月19日まで延長となりました。
 県立学校においては、これまでどおり、分散登校を継続します。
 明日からも本校での分散登校は続きますので、お知らせいたします。

5月13日更新 お知らせ

 本日、午後3時から、知事会見があり、松山市内で新たな感染者が出たことについて発表されました。
 医療機関で感染防御措置がしっかりされていることや、現時点で県立学校の関係者は確認されておりません。
 知事から、ウイルスに対し、「正しく恐れる行動を取りましょう」と伝えられました。

 その観点から、県立学校においては、これまでどおり、分散登校を続けます。
 教員や幼児児童生徒のマスク着用、定期的な手洗いの励行など、感染予防をさらに徹底いたします。
 なお、不要不急の外出は控えていただき、感染拡大防止を徹底していきましょう。

5月12日 学校再開に向けて

分散登校二日目、午前中は小学部1年松組、中学部1年A組、高等部2年FB組が登校しました。

小学部1年生は、朝の片付けや朝の会、そのあと3時間の学習を行いました。ランドセルを片付けて、課題を確認した後、これまでの生活の様子など担任の先生と話をしていました。

教員は自作のフェイスガードを付けて、児童生徒とのソーシャルディスタンスに配慮して学習を行っています。