ブログ

聾学校日記

防災教育



寄宿舎で、防災教育を行いました。今回のテーマは、「防災について考えよう。」です。熊本地震や昨年夏の九州豪雨の事例から、今後起こるとされている南海トラフ巨大地震やゲリラ豪雨について考えました。クイズ問題では、知っている情報を出し合いながら答える姿が見られました。また、地震が発生し、電気・ガス・水道が止まったという想定をして懐中電灯の光だけで非常食を食べる体験をしました。生徒からは、「(懐中電灯が)今は手元にあるけど、持ってないときに起こったらどうしよう。それを考えるということか。」といった声がありました。いつ、どこで起こるかわからない災害について考えたり、訓練をしたり、防災グッズや情報を収集したりすることも備えの一つ。事前の備えがあれば、被害を減らすことができ、命を守ることにつながるという意識を持つことができました。

スロープ設置


今まで階段状のため車椅子での通行ができなかった部分にスロープを設置し、バリアフリー化をすすめるため、北教棟東側の入り口付近が通行止めになりました。工事に伴う騒音が授業の妨げにならないよう、土日等を使用しての工事になるため、工期は3月中旬までかかるようです。御来校の際には、御不便をお掛けいたしますが、何卒御理解くださいますようお願いいたします。

お楽しみ会



寄宿舎でお楽しみ会があり、電話リレーサービスを活用しておやつを注文しました。電話リレーサービスは、利用者、通訳オペレーター、かけ先(お店や病院など)の3者間で行われます。通訳オペレーターが「手話」「文字」「音声」を通訳し、聞こえる人と聞こえない人を電話でつなぐサービスです。
子どもたちは「手話」と「文字」とに分かれて注文しました。電話を掛ける前に注文内容をメモにしたり、深呼吸をして緊張をほぐしたりしていました。サービス利用後に相手先に正確に通じたのか心配していましたが、無事に注文した物を食べることができ、喜んでいました。その後、勉強会やレクリエーションをしました。レクリエーションでは「松山カルタ大会」を行い、久しぶりにみんなで交流ができて楽しい時間を過ごせました。

第3学期始業式



新年、明けましておめでとうございます。今年も、本校での日々の様子をお知らせしていきますので、よろしくお願いいたします。今日の始業式は、今後の天候不順時を想定して幼稚部校舎のプレイルームで行いました。「作る・伝える・繋がる・尽くす」の言葉を紹介した校長先生の講話の後、『防災バンダナ』の贈呈式や生徒会役員任命式、表彰伝達等が行われました。新しく任命された生徒会長が「みんなで協力して学校を盛り上げていきましょう。」と抱負を述べました。

受け入れ準備


新年を迎え、寄宿舎では受け入れ準備を行いました。
気持ちの良い生活をスタートできるように準備を進めています。いよいよ明日から新学期が始まります。みんなに会えることを楽しみにしています。

第2学期終業式


たくさんの行事があった2学期が今日で終了しました。校長先生の講話では、「すべて・ほとんど・とても・やっと・まだ」の、冬休みを振り返る際に役立つ5つの言葉が紹介されました。また、「いろいろ・とにかく・はっきり・かならず」という1年の計画を立てる際に役立つ言葉も紹介していただきました。2019年を振り返りつつ、新しい2020年の計画をしっかり立て、3学期には笑顔で登校してもらいたいですね。

北条高校との交流



北条高校人権委員の皆さんと有志の皆さん14名が来校し、交流を行いました。最初に北条高校の皆さんから手話歌の披露がありました。何度も練習していただいたとのことで、本校生徒もとても感動していました。また、学校内の施設を案内するオリエンテーションや歓談も行いました。歓談では、自分にとっての流行語や学校あるあるなど、さまざまなテーマをもとに話しました。終始にぎやかな雰囲気で、生徒の表情も生き生きしていました。

門松



高等部の八百クラフトチーム発足当時から毎年恒例になっている門松の制作を行うために、玄関前に材料がずらりと並べられています。切り出したばかりの青々とした竹の周りに松や梅、南天、椿などを添え、最後に正月飾りを差し込めば完成です。正面玄関に飾っていますので、ぜひ御覧ください。