ブログ

2019年6月の記事一覧

愛大生来校


愛媛大学教育学部 特別支援教育教員養成課程の学生の皆さんが「新入生セミナー」として、本校を参観に来られました。最初は、昼休み直後だったため、教室や廊下に児童生徒の姿も少なかったのですが、校庭や体育館から戻ってくると「こんにちは!ようこそ、松山聾学校へ!!」と元気な声で挨拶をしていました。数年後には、今日出会った児童生徒の担任になっているかもしれませんね。

第1学期末考査


高等部の生徒は一昨日から、中学部の生徒は昨日から第1学期末考査を受検しています。問題と解答用紙が配られると、どの生徒も真剣な表情で問題に取り組んでいました。試験終了後には、「昨日勉強した所が出題されて良かった~!」と喜ぶ生徒がいる一方で、「だめだったぁ・・・」と肩を落としている生徒もいました。最終日の明日まで、持てる力を精一杯発揮してもらいたいですね。

防災バンダナ


生徒用西玄関の前に移動式掲示板が設置され、アンケート調査が行われています。生徒会が発案した防災バンダナのデザインについて、調査が行われているようです。今週末(6/28)が締切のようなので、児童生徒だけでなく御来校の皆様も、是非御覧いただきお好みのものを選んでみてください。

地域合同防災訓練

参観日最後の授業となる6限目に「緊急地震速報(訓練)」が放送されました。児童生徒はもちろん、来校している保護者や地域の方々、手話パフォーマンスの練習に来ていた済美高校の生徒さんたちも運動場へ避難を行いました。負傷者に対しても応急処置が施され、迅速かつ安全・確実に避難させるための訓練を行うとともに、地域の方々にも防災対策について理解していただくことができました。その後、和気地区自主防災組織連合会会長さんの講演を全員で聞き、万が一の時には、学校と地域がお互いに協力しながら減災に努めなければならないことを確認しました。

手話パフォーマンス甲子園に向けてⅡ


参観日だった今日、本校へ済美高校の皆さんに来校いただき、手話パフォーマンス甲子園に向けた練習を行いました。予選審査のための期日がどんどん迫っており、ダンスや手話表現の練習に熱が入ってきました。

俳句ポスト


寄宿舎では、舎生と指導員が昨年度から取り組んでいる「俳句作り」の輪をもっと広げる方法を考えていました。その結果、たくさんの意見の中から『「松聾俳句ポスト」を設置し、多数の方々からの投句をいただこう』ということに決まりました。みんなで考えた俳句ポストを、学校と寄宿舎に1つずつ設置しました!!児童・生徒や保護者の皆さん、先生方等、どなたでも俳句を詠んで入れていただければと思います。定期的な表彰や、テレビや新聞に出るような有名な方に指導していただくことも検討していますので、奮って御参加ください。

 

幼児体験学習


幼児体験学習を行いました。幼稚部の授業参観の後、体育館に移動し、合同保育「夜店屋さんごっこ」をしました。中学部3年生のお兄さんお姉さんがお店屋さんになってくれて「ストラックアウト」「くじ引き」「お化け屋敷」「ヨーヨー釣り」「金魚すくい」等のゲームをしたり、かき氷やポップコーンを食べたりしました。友達と一緒にダンスを踊ったり、お弁当を食べたりして、とても楽しい一日となりました。

第1回なわとび検定


小学部で第1回なわとび検定が行われました。なわとび検定は、年に3回行われ、3学期には、なわとび大会を実施します。検定が近付くにつれ、休み時間に自主的に練習する姿が見られました。一人一人が目標に向かって練習に取り組み、合格のシールをたくさん貼ることができました。次の縄跳び検定に向けて、これからも頑張りましょう。

交流遊び


6月19日(水)に、和気小学校との一回目の『交流遊び』がありました。放課後、聾学校で和気小の児童と本校の児童が一緒に遊ぶ日です。「和気小学校のお友達・・・来てくれるかな?」わくわくドキドキ・・・。なんと、19名の児童が遊びに来てくれました。約1時間、長縄跳びやボール運びゲーム、柔らかいボールのドッジボールなどで思い切り体を動かして遊びました。次回も楽しみです。

夕食風景


19日の寄宿舎の夕食風景。舎生のみんなは部活などで下校時間がまちまちです。そろって食べることが少ない中、久しぶりに全員で夕食を食べました!趣味やデザートの「すもも」の話題で盛り上がり、楽しい夕食となりました。

交流学習


6月18日(火)に、小学部の児童が和気小学校と交流学習を行いました。学年ごとに分かれ、自己紹介やゲームなどを通して、楽しく交流しました。

1年生…子供たちが大好きな「おちたおちた」ゲームをしたり、「アイアイ」「カタツムリ」などのリトミックをしたりして、楽しく交流しました。
3年生…和気小学校の友達にくだものの手話を伝えた後、大勢で「手話フルーツバスケット」をして盛り上がりました。「みんなが手話を使ってくれて嬉しかった。」と話していました。
4年生…本校児童が本で調べて用意した「お金持ちじゃんけん」が好評でした。じゃんけん列車では、和気小の友達が、「ストップ!じゃんけん!」の合図をホワイトボードに書いて見せる工夫をしてくれ、とても分かりやすかったです。
6年生…最初に、話すときに気を付けてほしいことを伝えたり、手話の紹介をしたりしたところ、和気小の皆さんが手話を積極的に使い、はっきりした口調でゆっくり話してくれました。名刺交換ゲームや仲間集めゲームなどを通して活発にやり取りをしました。

歩幅



小学部の廊下で男子児童が不思議な動きを繰り返しています。背比べをしたり、廊下に寝そべってみたり・・・。近寄ってみて納得しました。先頃、陸上競技の100m走で9秒97の日本記録を更新したサニブラウン・ハキーム選手の身長と新記録を出したときの1歩の歩幅が示されていました。身長128cmの男子児童は、「1歩で僕の身長よりも長く進めるなんて!」とびっくりしていました。

『そば吉』様来校



「そば吉」代表取締役社長の吉田英雄様が来校されました。先日、液晶モニターやノートパソコンを寄贈していただきました。
生徒会と児童会の役員が、液晶モニターが設置されている場所や校舎内を案内しました。聾学校のことを分かってもらえるように、児童生徒が自分たちで工夫して、説明をしていました。「そば吉」の方から「感動しました。」とお言葉をいただきました。これからも学校生活充実のために活用させていただきます。ありがとうございました。

手話パフォーマンス甲子園に向けて


放課後に済美高校の皆さんと交流をしました。今回は、7月の手話パフォーマンス甲子園の予選に向けて練習を行いました。生徒同士で、どうしたらきれいに見えるのかを話し合いながら改善を繰り返し、7月の本番に向けて一生懸命、練習を頑張っています。

非常灯交換


一定規模以上の建築物では、「電池によって一定時間は照度が確保できる照明器具」を用いて、停電時であっても照度を確保し、避難を速やかに行うための措置を講じなければならないと、建築基準法によって設置基準が定められています。本校でも「非常用照明」が設置されていますが、老朽化に伴い照度が低下してきたため、新型の明るい非常灯に交換されました。

読み聞かせ第1弾


先週紹介した読書の木にちなみ、先生による読み聞かせ第1弾がありました。今回の本は『ともだちほしいな おおかみくん』。とても優しいおおかみくんだけど、森のみんなには怖がられています。でも、ある出来事がきっかけで、みんなと心が通じ合えます。「お互いにほんの少し相手の気持ちを思いやることができれば、きっとなかよくなれる」そんなメッセージが伝わってくる絵本でした。

交通安全トラック体感授業



幼稚部、小学部の幼児児童を対象に、愛媛県トラック協会、JAF、愛媛運輸支局の職員の方を講師に招き、交通安全トラック体感授業を行いました。トラックが左折する際に、後輪が風船を踏んでしまう実験を通して、内輪差について知ることができました。また、シートベルト体験車に乗り、車が衝突した際の衝撃を体感することで、シートベルトの大切さを学びました。さらに、トラックの運転席からの景色を見て、死角についても教えていただきました。幼児児童は様々な体験を通して、楽しみながら、「なるほど。」と真剣に話を聞き、交通安全に対する理解を深めることができました。

防災教育Ⅱ


昨晩、寄宿舎では今年度二回目の防災訓練(火災)を行いました。出火元は、寄宿舎事務室です。放送機器が使えない状況の中、生徒たちは拡声器からの情報を得ようとし、出火元が分かると、二階にいた生徒はスロープから、食堂にいた生徒は一番近くのドアから、全員落ち着いて避難することができました。次回からも、今回の反省が生かせるよう取り組んでいきます。

地域交流



先週金曜日に中学部の生徒が「グループホームあんじゅ」を訪問し、地域交流を実施しました。3班に分かれた生徒たちは、「茶つみ」や昔懐かしの「おちゃらか」などの手遊び歌をはじめ、缶つり、ボウリング、ボール回し等のゲームを通して、お年寄りの方がいきいきと、楽しくリハビリになるような遊びを考え、活動しました。また、ダンスを披露したり、筆談や通訳を介した質問にお年寄りに答えていただいたりと、どの班の生徒たちも主体的にお年寄りに接して、交流することができました。

奉仕作業Ⅰ


本校が学期毎に行っている奉仕作業の1回目が本日行われました。JR通学生が利用している伊予和気駅へは、高等部の生徒と先生方が徒歩で向かい、ホームや駅周辺の清掃活動に汗を流しました。生徒の一人は、きれいに並んだ自転車や原付バイク、掃き清められたホームを見て、「暑かったけど、きれいになって良かった。」と感想を述べていました。

読書の木を育てよう


小学部の今年度のマニュフェストは、『読書の木を育てよう~毎日5分間本を読もう~』です。読書の木とは・・・? 毎日5分間本が読めたら葉っぱのカードが1枚貼れ、1冊読み切ったら本の形のカードが貼れます。読書は、心を豊かにし、言葉の力も育んでくれます。たくさん本を読み、読書の木に青々とした葉を茂らせ、本の実をたわわに実らせてほしいと思います。読書の木は、小学部の廊下にあります。みなさん育ち具合をどうぞ見にいらしてくださいね。

前期現場実習



今週月曜日~明日金曜日まで、高等部の生徒たちが、卒業後の就労に必要な知識・技能・態度等を身につけることを目的として、前期現場実習を行っています。不慣れなせいもあり、指示されたように作業することが難しい場面もありましたが、生徒たちは一生懸命に取り組んでいました。明日で最終日になりますが、頑張ってもらいたいですね。

歯科検診


昨日6月4日~10日までの一週間は「歯の衛生週間」です。今日は校医さんに来校していただき、全校幼児児童生徒の歯科検診をしていただきました。ヒトの歯は身体の成長に伴い、6歳頃から12歳頃にかけて「乳歯」から「永久歯」へ生えかわります。一度「永久歯」になった歯は生えかわらないため、日頃から虫歯の予防が必要です。皆さんも、虫歯にならないよう食後の歯磨きを忘れないようにしましょう。

交通安全教室Ⅱ



幼稚部で交通安全教室を行いました。横断歩道では、「右・左・右、車は来てないよ」と安全確認ができました。踏切では、いつ遮断機が下りてくるかとドキドキする様子も見られましたが、しっかり渡る練習ができました。交通ルールを守り、安全に生活できるよう、これからも子供たちと一緒に考えていこうと思います。

鬼ごっこ


給食後の昼休みに、小学部の児童が小運動場を元気よく走っています。様子を見ていると、どうやら『鬼ごっこ』をしているようです。追う者も追われる者も夢中になっている様子に、思わず「頑張れ~!」と声援を送りたくなりました。