ブログ

防災教育



寄宿舎で、防災教育を行いました。今回のテーマは、「防災について考えよう。」です。熊本地震や昨年夏の九州豪雨の事例から、今後起こるとされている南海トラフ巨大地震やゲリラ豪雨について考えました。クイズ問題では、知っている情報を出し合いながら答える姿が見られました。また、地震が発生し、電気・ガス・水道が止まったという想定をして懐中電灯の光だけで非常食を食べる体験をしました。生徒からは、「(懐中電灯が)今は手元にあるけど、持ってないときに起こったらどうしよう。それを考えるということか。」といった声がありました。いつ、どこで起こるかわからない災害について考えたり、訓練をしたり、防災グッズや情報を収集したりすることも備えの一つ。事前の備えがあれば、被害を減らすことができ、命を守ることにつながるという意識を持つことができました。