ブログ

カテゴリ:その他

創立記念行事


今朝の全校朝礼では、創立記念行事が行われました。その中で、校長先生から

「1907(明治40)年、余土村村長であり、自らも視覚障がい者であった森恒太郎(盲天外)氏による私立愛媛盲唖学校設立から112年目を迎え、校訓にある『強く 正しく 明るく』のように盲天外の志を受け継ぎ、歴史を重ねて欲しい。」と、講話が行われました。

神輿入れ


今日は松山市の地方祭です。学校の近所にある佐古岡神社から2基の御神輿が訪れてくれました。「エイサ!エイサ!」の掛け声の下、高く差し上げられた御神輿に生徒や教職員から大きな拍手が送られていました。

教育実習生紹介


今年度は、愛媛大学から2名の教育実習生が23日(水)までの3週間、幼稚部・小学部で各1名ずつが教育実習を行います。昨日は給食時に全校幼児児童生徒に向けて自己紹介を行いました。また、プロフィールが示された掲示板には児童生徒たちが休み時間毎に入れ替わり立ち替わり訪れていました。

大型テレビ



本校には50型の大型テレビが16台導入されていますが、今回更に3台の40型テレビが設置されました。キャスター付きのスタンドが付いているため、教室間の移動もスムーズに行うことができます。
授業等では、音声を文字化して表示させたり、写真や動画を写したりすることで理解を深めることができます。

四国地区聾学校巡回美術展



本館と北教棟との渡り廊下に、今年も四国地区聾学校巡回美術展がやってきました。13日(日)の文化祭まで開催されていますので、ぜひ御覧ください。

連絡用モニター設置



来客中の校長室のテーブルの上に何だか不思議な機械が・・・。どうやらリモコンを押すと、表示画面に文字が・・・。入り口の壁に機器を設置してくださったのは、八幡浜工業高校の入川和男校長先生を含め、電気技術科の先生方でした。幼児児童生徒だけでなく、教職員の中にも聴覚障がいのある方がいるため、以前からバリアフリー化を目指していましたが、本日ようやく八幡浜工業高校さんの御協力を得て実現することができました。表示される案内文は4種類です。校長室を訪れる方は、ぜひ御覧ください。八幡浜工業高校の先生方、ありがとうございました。

塗魂ペインターズのみなさんと


昨日から塗魂ペインターズのみなさんがボランティアで校舎の塗装作業のため来校されています。県内だけでなく四国4県はもちろん、遠方は、はるばる東京、熊本、山口等からも応援に駆けつけてくださり、総勢25名の方が、参加してくださいました。昨日は足場を組み、塗装しない部分のマスキングや廊下が汚れないように養生シート等の下準備を行いました。


今日は幼児児童生徒、保護者・同窓会の方々、先生方と一緒に廊下や階段の塗装を行いました。きれいになった壁を見て「この学校で17年間学んでいますが、学校がきれいになっていく様子を見て、これからも新しい気持ちで様々なことに挑戦してみようと思いました。」と感想を述べる生徒もいました。 塗魂ペインターズのみなさん、本当にありがとうございました。

第2学期始業式


約40日の夏休みが終わり、今日から2学期が始まります。ここ数年、年々暑さが厳しくなっていることを証明するように、日焼けした笑顔の幼児児童生徒たちが元気に登校してきました。校長先生からは「アドバイスを生かしながら、自分が思っていることを実行に移してほしい。」と講話をいただきました。始業式の後には四国地区聾学校体育大会の報告会が行われ、参加種目について結果を報告するとともに、応援していただいたことに感謝の気持ちを述べました。

ネットワーク会議


地域の小・中学校難聴特別支援学級の先生方、県立高等学校の支援員の方、県立特別支援学校の先生、県視聴覚福祉センターの言語聴覚士の方々の御出席をいただきネットワーク会議を開催いたしました。聴覚障がいのある本校教員の講話や学習及びコミュニケーション支援アプリの演習等を行った後、参会者で協議及び情報交換を行いました。短い時間ではございましたが、本校及び聴覚障がい教育推進のための貴重な学びや関係構築の場となりました。ありがとうございました。

松山聾学校公開講座


昨日、松山聾学校公開講座を開催しました。今年度は、「聴覚障がい理解啓発授業方法」・「各教科等における配慮事項」・「進路指導の実際とキャリア教育」・「情報保障」・「聴覚障がい教職員の体験談」の5講座を設けました。県内の小・中学校、高等学校、特別支援学校等の先生方、本校教職員、約70名が参加しました。2学期からの授業や指導の充実を願っています。