ブログ

カテゴリ:中学部

中学部校外学習


今日は、お金の勉強に、日本銀行松山支店と、まつちかタウン、伊予鉄高島屋に行ってきました。日本銀行松山支店では、偽造防止のためにお金に施されている様々な工夫について学び、触れる機会の多いお金の大切さについて、改めて考えることができました。肉眼では見えないほど小さい文字や、見る角度を変えると見えるようになる文字に、生徒たちは声を上げて驚いていました。まつちかタウンでは、老舗「デリー」でそれぞれに食べたいカレーを食べた後、事前に決めていた自分の欲しいものを、まつちかタウンと伊予鉄高島屋で購入しました。自分の欲しいものを、予算に合わせて購入する、という経験を楽しさと満足感を得ながら体験できました。生徒たちは、お金を使う毎にしおりの中の小遣い帳に書き込み、収支が合っているか、残金で次の活動ができるかを気にしていました。お金について勉強し、実際にお金を使う、学校の中ではできない有意義な体験をすることができました。

少年式


全校朝礼にて、中学部2年生の少年式が行われました。決意の言葉として「明朗快活」を発表しました。これからも明るく朗らかな自分でありたいと、この言葉を選びました。また、みんなが明るく、生き生きと毎日が送れるよう、自分から気持ちの良いあいさつをしたり、楽しい雰囲気を作ったりして前向きに挑戦していきたいという決意を述べました。校長先生から「青い大空のような明るさで困難を乗り越え歩んでいこう」と、お祝いの言葉をいただきました。離任された先生からも励ましの祝詞をいただきました。生徒は決意を新たにしたようでした。クラスで紅白大福を作り、皆で和やかにお祝いしました。

職場体験学習



11月6・7日の2日間、中学部は、地域の事業所の御協力を得て、職場体験学習を実施しました。バイクの部品の洗浄、データ入力、アメニティの袋詰め、製パンなどの業務の一部を体験させていただきました。生徒たちは学校を出ての活動に緊張しながらも一生懸命取り組みました。初日を終えた後は、「疲れた」という感想が多かったのですが、二日目を終えた後は、全員晴れやかな笑顔でした。「お客様に渡る商品は大切に扱わなければならないと実感することができた。」「作業が速いだけではだめでミスのないようにすることが大切であることに気づいた。」という感想が出ました。それぞれに学ぶことの多かった2日間であったようです。

第2学期中間考査


高等部は一昨日から、中学部は本日から明日まで第2学期中間考査に臨んでいます。2週間後に文化祭を控えていたり、高等部では先週まで手話パフォーマンスに取り組んでいたりと、慌ただしい中での考査になっていますが、生徒の皆さんには力の限り頑張ってもらいたいですね。

高等部体験入学


高等部体験入学で、職業(農業)の授業参加をしました。高等部の畑で作ったかぼちゃやしその食品加工を体験しました。切ったかぼちゃのラップ掛けをポリパッカーを使って行いました。表面がきれいになるようにラップを掛けるのは難しかったですが、先輩に教えてもらいながらしました。かぼちゃの重さを確認して値段付や、しその収穫と袋詰めも行いました。柔らかいしそを選ぶのに苦労していました。きれいに見えるように、向きを考えながら袋詰めしました。「初めての体験で、難しいことも、できることもあり、いい経験になりました。」先輩たちのいろいろな技を見せてもらいました。